<menuitem id="hjvjh"><big id="hjvjh"><b id="hjvjh"></b></big></menuitem>

<rp id="hjvjh"></rp>
<form id="hjvjh"><progress id="hjvjh"></progress></form>
<pre id="hjvjh"></pre>

    <output id="hjvjh"></output>
    <output id="hjvjh"></output>
        <mark id="hjvjh"></mark>
      <p id="hjvjh"><b id="hjvjh"></b></p><pre id="hjvjh"><mark id="hjvjh"><ins id="hjvjh"></ins></mark></pre>

        <track id="hjvjh"><span id="hjvjh"></span></track>
        NII Today 第91号
        Mar. 2021No.91

        NII Research Data Cloud 本格始動へオープンサイエンスを支える研究データ基盤

        NII研究データ基盤「NII Research Data Cloud(NII RDC)」が本格始動しました。本号では、NII RDC構築の背景となる研究データの共有をめぐる国際動向、国内における課題などを掘り下げ、NII RDCの意義や目的、オープンサイエンス時代の研究データ基盤の今後について展望します。また、NII RDCを構成する3つの基盤(管理?公開?検索)の概要や機能、研究データ管理トレーニングコースの概要、これからの開発予定について、それぞれの開発担当者が解説します。

        CONTENTS

        Interview

        次世代研究データ基盤「NII RDC」への期待

        オープンサイエンスを推進し、イノベーションを促すために

        政府の「統合イノベーション戦略」や「科学技術基本計画」はオープンサイエンスの推進を強調する。研究成果を社会や科学界に還元するなかで、研究データを積極的に公開して分野横断的な研究を育みイノベーションを促す。研究の透明性を確保する狙いもある。国立情報学研究所は、大学などがもっている研究データを適切に蓄積?管理?利用する研究データ基盤の提供を始める。文部科学省研究振興局で情報分野を担当する橋爪淳参事官に、データ基盤整備の意義を聞いた。

        本文を読む

        Interview

        NII研究データ基盤「NII RDC」がいよいよ始まる!

        NII×名古屋大学 見えてきた研究データ管理の課題と展望

        2021年度から、NII研究データ基盤(NII Research Data Cloud)が本格的にスタートした。NII RDCは、研究データの管理基盤(GakuNin RDM)、公開基盤(JAIRO Cloud)、検索基盤(CiNii Research)の 3 基盤から構成されており、今回、新たにサービスを開始する管理基盤については、2020 年に実証実験を行った。この中で、先駆的な取り組みをしてきた名古屋大学では、附属図書館や情報基盤センターが中心となって研究データ管理の環境整備を進めている。環境整備やルール策定、データ公開基盤の整備?支援などを行ってきた名古屋大学の各担当者を迎え、NIIオープンサイエンス基盤研究センター(RCOS)の山地一禎センター長とともに、現在の取り組みや見えてきた課題、展望について語っていただいた。

        本文を読む

        Other

        研究データ管理基盤「GakuNin RDM」の本運用がスタート

        先進的な研究データ管理を支援する

        2021年2月15日、研究データの管理を行う大学や研究機関を支援するサービス「GakuNin RDM(Research Data Management)」の本格運用が始まった。これは、NII がオープンサイエンスのために提供する研究データプラットフォーム「NII Research Data Cloud(NII RDC)」内で、初めて提供する研究データ管理基盤として、オープンサイエンス基盤研究センター(RCOS)が開発したものである。オープンサイエンス実践の鍵となるRDMの基盤として、どのような機能を備えているのだろうか。

        本文を読む

        Other

        日本の学術機関のデータ公開を支える「WEKO3」

        JAIRO Cloudの基盤ソフトウエアWEKO3が始動

        実は、日本は米国に次ぐ「機関リポジトリ先進国」であり、機関リポジトリをもつ大学や学術機関は 876(2021 年 1 月時点)に上る。その約 7 割が利用しているのが、NIIとオープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR)で共同運営する機関リポジトリサービス「JAIRO Cloud」だ。現在、JAIRO Cloud は、その基盤ソフトウエアである「WEKO」とともに次期バージョンへの移行?開発が進められている。

        本文を読む

        Other

        知の検索基盤として新たな役割を担う「CiNii Research」

        サイテーションからリレーションへ、オープンサイエンスへの道を拓く

        NIIが提供する学術検索基盤「CiNii」は、国内の論文を探す「CiNii Articles」、全国の大学図書館に収蔵されている書誌を探す「CiNii Books」、日本の博士論文を探す「CiNii Dissertations」という3 つのサービスから成る。現在、これらを統合し、加えて論文にひもづく研究データの検索も可能にする新たな検索基盤「CiNii Research」の開発が進んでいる。 その先行サービスとして「CiNii Research プレビュー版(以降、プレ版)」が 2020年11月から公開されていた。

        本文を読む

        Other

        国内初の研究データ管理のためのトレーニングコース

        体制づくりから支援人材の育成まで

        2021年6月、NIIが全国の大学等と構築する学術認証フェデレーションの学習管理システム「GakuNin LMS(Learning Management System)」において、研究データ管理を始める機関向けのトレーニングコースの提供が正式に始まる。本コースをオープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR)とともに開発してきた2人に、日本における研究データ管理の現状と、トレーニングコースを実践へつなげていくポイントを聞いた。

        本文を読む

        Essay

        大学間ネットワークのあけぼの

        本文を読む

        NII Todayは無料で冊子PDFをダウンロードしてご覧いただけます。

        NII Today 第91号

        NII Today 第91号

        2021年3月発行

        ?次世代研究データ基盤「NII RDC」への期待
        ?NII研究データ基盤「NII RDC」がいよいよ始まる!
        ?研究データ管理基盤「GakuNin RDM」の本運用がスタート
        ?日本の学術機関のデータ公開を支える「WEKO3」
        ?知の検索基盤として新たな役割を担う「CiNii Research」
        ?国内初の研究データ管理のためのトレーニングコース
        ?大学間ネットワークのあけぼの

        PDFダウンロード
        バックナンバー 一覧